トップの形

自分のスイングのトップの形が嫌いなので変えたいと思っている方も多いと思います。

基本的には、背の高い人はアップライトなスイングになりやすく、背の低い人はフラットなスイングになりやすいのですが、なぜでしょうか?

市販のクラブは、何番アイアンだったら何インチという長さが決まっていて、そのクラブに合わせて構えるとしたら、基本的には、背の高い、低い、関係なく、構えた時の手の高さは同じくらいになります。

同じ手の高さで構えたとすると、背の高い人は体の前傾角度が深くなり、反対に背の低い人は体の前傾角度は浅くなります。

ゴルフ場の傾斜地でもつま先上がりは、体の前傾角度は浅くなり、スイング軌道はフラットになります。反対につま先下がりは、体の前傾角度は深くなり、スイング軌道はアップライトになります。

上記の事から考えると、アップライトのスイングを治したいと考えている方は、つま先上がりの傾斜で練習をする事や、前傾角度を浅くして構える事は有効な方法になると思われます。

反対にフラットなスイングを治したいと考えている方は、つま先下がりの傾斜で練習する事や、前傾角度を深くして構える事は有効な手法になると思われます。

背骨の傾きとスイング軌道は密接な関係にありますので、練習場やコースで試してみてください。