スイングの軌道

知恵袋から質問だけ拝借してきました。

Question

ゴルフのスイング(クラブの軌道)について、お聞きしたいのですが? 私は現在ゴルフのレッスンを受けてい ゴルフのスイング(クラブの軌道)について、お聞きしたいのですが? 私は現在ゴルフのレッスンを受けているのですが、その教室ではゴルフのスイングは、インサイドアウトが基本で、そのようにスイングするように、練習していますが、ある知人が昔のクラブでは、そのようにスイングするのが正しかったが、今のクラブはインサイドインで振るように、設計してあるので、インサイドインが正解だと言います どちらが正解なのでしょうか それとも別の正しいスイング理論が、あるのでしょうか?

Answer

インサイドアウトの軌道はインパクト時にアッパー軌道になりやすく、アウトサイドインだとダウンブローに当たりやすくなります。ということは同じロフト同じフェース向きでインパクトした場合、アウトサイドインの方がスピン量が多くなり、インサイドアウトだと少なくなります。

ドライバーの最新ギアは設計の基本がスピン量を少なくするようになっています。それに対し昔のクラブは比重の重い金属材料や木製であったのである程度の大きさにするためには重心位置を動かすための重さが余らないので、
どれも重心位置を大きく替えることができませんでした。基本的には重心位置が低いほどスピン量が少なく、高いと多くなります。

つまり、昔のドライバーはスピン量が多くなってしまうのでそれを抑えるためにインサイドアウトの軌道でドローボールを打った方が飛距離がタ出せたのでインサイドアウトの軌道が基本だと言われたのです。

それに対し現在のドライバーはドローボールを打つとスピン量が減り過ぎて飛ばなくなる場合もあるのでクラブによってどちらの軌道がいいのかは一概にはきめられません。

どちらの軌道がいいかはどちらの軌道で振る方がヘッドスピードが出せるかで選択すればいいと思います。ただし、ストレート軌道から大きくずれているとしたらショットに問題が発生するのでストレートに近づける努力は必要です。この方の先生がインサイドアウトの軌道のスイングをされていてそれを伝授してくれようとしているだけなのでしょう。