正しくボールを見る

上手にフィニッシュまで体が回らない方の原因の1つに、頭を残す、またはボールをずっと見続ける意識を持たれている方が多数いらっしゃいます。

中には、打ったボールが目標近くまで到達しているにも関わらず、まだボールの元あった場所を見ている方もいて、ボールの行方を失っていまう方もいます。

ゴルフは、自己責任のスポーツであり、自分の打球は自分で確認する業務があります。

さらに頭を残しすぎることで、頸椎などのケガにも繋がり、あまり好ましくないと思います。

頭の動きは、インパクト以降は、目標方向に回転するのが理想で、前傾角度を保ったままボールの行方を目で追えれば理想的です。

打ったボールを自分の目で追えないなどの症状にお困りの方がいましたら、ボールのあった地点を見るのではなく、飛んでいったボールが見えるように練習をされてみてください。