軽いクラブほど力を抜いて構えましょう

現在はスチールシャフトを採用したドライバーは市販されていません。

シャフトの重さが短い番手ほど重く、長いほど軽くなっているものと、全ての番手が同じ重さのセットになっています。

 

スイングをする際のセットアップでは脇を締め、手首を固めて、体幹を固めてワンピースなスイングにつなげていきます。

 

この締めたり固めたりする力は振って重いと感じるクラブほど強い力を入れます。

 

ウェッジに比べてドライバーのシャフトが軽い場合はウェッジに比べて軽く締めたり固めたりして構えてスイングする方がヘッドスピードを出すことに関して効果が高くなると思います。

 

アイアン、UT、FW、ドライバーとシャフトの重さが違う場合は重さなりに締めたり固めたりをする力を変えてみて下さい。