練習で使うクラブは何番がいいでしょうか?

都市部のゴルフ環境はドライビングレンジで練習して、都市部から離れたゴルフ場へ行くという形になると思います。

 

ゴルフ練習場もパッティング練習ができる設備を付帯しているところは少なくなってきました。

 

すると、ショットは比較的上達しやすく、ショートゲームが上達しにくい環境と言えます。

 

なので、パッティングマットなどを利用してショートパットや1メートル以下のキャリーの短いチップショットなどをかなり意識的にやるようにしないと、クラブごとの経験値が長いクラブに偏りやすくなってしまい、苦手分野があるお陰でスコアがアップしにくくなってしまいますので、家出の地道な練習に取り組んでおけば、スコアアップしていけるでしょう。

 

コースに行ったときはパッティンググリーンやアプローチ練習場などで少しでも長く練習するのもとても効果的です。

 

長い目で見ると、ゴルフを始めた時からの累積の番手ごとの練習量が均等になるように注意して、その中で得意なあるいは基本の1本を磨くようにして行くといいと思います。