知らず知らずにアドレスが「右に向いて構えてしまう」人、注意しないとそれはそれは恐ろしいことに・・・

ターゲットに対していつも自分のクラブと体の位置や向きを正確に合わせることはとても難しいことだと思います。

 

ゴルファーはどちらかというと自分が思うよりも右に向きやすい人が多いと思います。

 

練習では自分が真っ直ぐに構えてその方向に球が運ばれていくスイングを目指して作っていくことが基本だと思います。

 

ところが、練習場でも自分では気が付かないうちに右へ向いて構えてしまうと、この構え方でアドレスの向きよりも左のターゲットへ打球を飛ばす練習になってしまいます。

 

すると、動作的にはアウトサイドインに振るような軌道とインパクトでフェースを左に向ける動作が身についてしまいます。

 

ここで、手を返し過ぎているかな?と手首の返しを抑えると、やはり右に飛ぶので今度は右に体重を残すような動きや、左に引っ掛けるような動作が入ってきてしまうことになり、どんどんスイングが壊れて行ってしまいます。

 

練習場では真っ直ぐ構えられるけどコースでは右を向いてしまうというパターンもあります。

 

こういう人は、ラウンドを終えると上記と同様にスイングを調節してしまい、練習場とは似ても似つかないスイングになってしまうでしょう。

 

この場合はコースでのみラウンド中のアドレスの向きを徹底的にチェックしながらプレーしていきましょう。

 

どちらにしても大事に至る前にアドレスの向きには日頃から注意を払うようにしておけば、無駄にスランプに陥ったりスイングを壊さずに済むと思います。

 

チェック方法としては、ターゲットを決めてショットするところを正面と後方からの映像を撮ってセルフチェックするのが手っ取り早いと思います。

 

自分のいい時のアドレスの映像と比較するのもいいでしょう。

 

いつも決まったパートナーにチェックしてもらうのもいいでしょう。

 

アライメントチェッカーや真っ直ぐな棒を置いたり、コインなどをスパット代わりにしてみたりしてもいいですね。

 

いつも良いアドレスをキープして快適なゴルフを楽しんでください。