素振りの弊害

ゴルフ上達のためには素振りをする事は役立つ事が多いのですが、それが弊害になるケースもあります。

 

素振りをする時にはヘッドが地面に触らず空中を振るような素振りをしがちです。この素振りはスイング時の動作確認にはいいのですが、ボールを上手くミートする事にはつながっていません。

 

よく、素振りはプロみたいなのにコースでボールを打つとひどいスイングになってしまう人がいますが、素振りのままのスイングではボールのかなり上を空振りしてしまうので素振りの動きにプラスしてボールにフェースを当てるための動作が入り体勢を崩したスイングになってしまう人が多いように思います。

 

そういう方が素振りをする際はアイアンマットや土の上で実際に地面を叩くようにしたり、ティを叩くなど本番を想定した素振りを行うようにすると、素振りと本番のスイングが近づいて結果にもつながるのではないかと思います。