練習場の打席は同じ場所が好き?

私の場合ですが、練習場の打席で好きな打席はあります。それは、打席なりに構えたときに気になるラインが入ってこない打席です。要は打席の向きとその先のレイアウトがクロスしていたり、その反対になっていない場所の事です。この打席を基本打席とし、ここでの練習はターゲットをセンターだけでなく、左右にも振って打ち出しの方向や球筋のトレーニングやアプローチ練習に使う事が多いです。でもこの基本打席だけではコースへの対応力が育ちにくいので、右端や左端、1階だけでなく、2階や3階打席も活用していきます。右端であれば、ティーグランドで右からプレッシャーがある場合での準備に、2階であれば打ち降ろしホールでのそれにと、これらを掛け合わせていくと複数の状況が比較的簡単に作れると思います。

練習の前に、何をメインに練習するのかをはっきりさせ、その目的に一番あった打席を選んでみてはどうでしょうか。それと、練習する時間や球数の目安も決めておくと集中力が継続しやすいのでおすすめですよ。(^J^)