アドレスの練習

アドレスがシックリ来ないと感じた時には、高確率でミスショットになるケースが多いと思います。

 

シックリ来ないと感じた時は、一度アドレスを解いて再びルーティンを行なってからボールを打った方が良いでしょう。

 

中には、仕切り直しをせずに、もうちょっと右かな?いや右に向きすぎた。今度は左を向いてなんてモジモジ状態が止まらなくなってしまう方もいるでしょう。そして強引に当てにいった結果、チョロや大ダフりなど練習場では考えられないようなミスが出てしまうかもしれません。

 

ゴルフでは、自分を信じる事がとても大切な事だと思いますが、その為には日頃からアライメントを定期的にチェックすることが必要でしょう。

 

アドレスの練習は、つまらないし、面倒かもしれませんがプロゴルファーや、ローハンディの方ほど、基本的な練習を繰り返しているのではないかと思います。