ショットが上手くなるほどパッティングが難しくなる?

ショットが上達してきてミドルアイアン以上のクラブでグリーンに乗せることができるようになると、

 

ファーストパットで長い距離が残ることが多くなります。

 

 

こそショットがグリーンに乗らずにグリーンエッジ付近にあればアプローチをして短いパットが残ります。

 

ショットが上手くなるほど長い距離を確実に2パットで収めることができるように努める必要が出てきます。

 

こんなタイミングの人はこの時期にロングパットを寄せる練習をするといいでしょう。

 

さらにショットが上達すると短いバーディチャンスが増えてきますが、アプローチの後の2メートルのパットはボールの転がりを見ていますが、遠くから近くに乗せた場合はラインが不確かになるため難易度が高くなります。

 

このようなバーディパットが決められるようになってくれば、片手シングルクラスでしょうか?

 

このように自分のショットの実力によってパッティングの状況が変わっていきます。

 

ショットが上手くなるほどパッティングにかかる期待が高くなるので精神的に難しくなるわけです。

 

いずれにしても、いつもパッティングは練習しておき備えておきましょう。

 

 

 

GSIゴルフジムでは体験レッスンの受講生を募集しています。

体験レッスンご予約はお問合せフォームから

遠方の方、なかなか通う時間のない方へ!

LINEで動画を送るだけのオンラインレッスン始めました。.詳しくこちら

お電話でのお問い合わせは03-6315-1551

レッスン中で出られなかった場合は、折り返しご連絡いたします。