利き目とスイングの関係

 

 

利き目とは遠くを見るのが得意な方の目のことで医学的には優位眼といわれています。

 

その逆は非優位眼といわれており近くを見るのが得意になります。

 

利き手と利き目は一致することがほとんどなのだそうです。

 

https://ameblo.jp/tokeiya0508/entry-12396237352.html

 

 

目と動作は密接な関係にありますが、稀に利き目が左右逆転してしまうことがあり、例えばダーツの的を利き目で見て見たところに投げることを繰り返し行うと、

 

的を見ると体が自然に反応して無意識に投げて的に命中させることができるようになっていきます。

 

これはハンズアイコーディネーションといわれます。

 

利き目と動作が直結するわけです。

 

稀に利き目が左右逆転することがあるそうで、そうなると、動作と利き目がうまくつながらずパフォーマンス低下してしまうことがあります。

 

ゴルフは左が利き目の方が有利とされていますが、上記のことを考えると右が利き目だとしても頑張って左を使おうとはせず意識するなら利き目でしっかりボールやターゲットを見るようにするのが正解になると思います。

 

すると、利き目とスイングが直結してボールを見るとちゃんと当てられるようになったり、ターゲットに寄せていくことができるようになって良いプレーができるようになると思います。

 

 

GSIゴルフジムでは体験レッスンの受講生を募集しています。
体験レッスンご予約はお問合せフォームから

遠方の方、なかなか通う時間のない方へ!
LINEで動画を送るだけのオンラインレッスン始めました。詳しくはこちら

お電話でのお問い合わせは03-6315-1551

レッスン中で出られなかった場合は、折り返しご連絡いたします