アイアンが飛ばない方

ドライバーは人並み以上に距離が出るのに、アイアンになると距離が出なくなってしまうという方へのアドバイスです。

 

ドライバーで飛距離が出ているという事は、ヘッドスピードは人並み以上にあると考えられます。

 

クラブがアイアンになったからといって、急にヘッドスピードが出せなくなるという事はゴルフをある程度経験されている方なら考えにくいと思います。

 

ヘッドスピードのわりにアイアンが飛ばない方は、アイアンをハンドファーストに打てていない事が原因ではないかと考えられます。

 

そこでアイアンのインパクトロフトを考えてみます。

 

例としてアプローチウェッジのインパクトロフトが52度でインパクトを迎えた場合とインパクトロフトが45度で迎えた場合を仮定します。

 

1度ロフトが立って当たると2.5ヤード程距離が出る計算をすると上記の場合インパクト時のロフト角に7度の差がありますので 2.5×7=17.5ヤード  飛距離にして17.5ヤードの差になります。

 

アイアンが飛ばない人のミスの特徴としては、球が高すぎる、ダフリのミスが多い傾向になると考えられます。

 

アイアンが飛ばない傾向にある方は、ハンドファーストに当てる事に主眼

を置かれて練習されてみてください。