ボールを「高く」上げようとするほど「低く」なる?!

アゴの高いバンカーからアゴを超えて脱出するには高い弾道のボールを打たなければなりません。

 

バンカーに限りませんが、木の上を超えて行きたい時や高い砲台グリーンに打ち上げて行きたい時にヘッドの軌道をアッパーにすることで高さを出そうとしてしまう人がとても多いように思います。

 

そうなると、地面の上のボールをアッパーに打つとしたら、球に当たる前に一度地面の中に潜らせてから打たなければならないので物理的に無理があります。

 

基本ダフってしまいますから、ダフリを気を付けると今度はヘッドが上昇中にリーディングエッジに当たり、トップしてゴロかライナー性の弾道になりどちらにしても高い球になりません。

 

こうなると高い球を打とうとすればするほどトップの度合いが大きくなり低い球になってしまいます。

 

高い球を打つ場合、地面に沿って動いてる軌道の中でフェースが高いところを向いたインパクトをすれば、高い弾道のボールを打つことが出来ます。

 

高いボールになる仕組みとしては、ボールの下半分の中の下を叩く程高いボールになりますので、そのためにできるだけ上を向いた面がボールに当たると高い弾道のボールになります。

 

ボールの同じところを叩くのであれば、冒頭のアッパー軌道で当たればより高いボールになりますが、ティショット以外ではミートできる確率が低くなってしまうのでこの方法は出来るだけ避けるべきです。

 

高いボールの打ち方については体験レッスンの半額キャンペーン中ですので、こちらをご利用ください。