冬場のラフ

冬場のゴルフはコンディションによってはフェアウェイよりラフの方が打ちやすいケースがあります。

 

すると、夏場には入れてはいけないラフがセーフティゾーンとして使える事もあります。

 

飛距離も冬場は夏場と比べると落ちるので、ティショットの狙う方向が大きく変わるホールも出てきます。

 

ホームコースでは、季節に関係なく習慣的にいつも同じ狙い方をしてしまうとスコアを崩す原因にもなりますので、毎ラウンドその日の状況に合わせてマネジメントするようにして欲しいと思います。