OBを打った場合の罰は「1打」?「2打」?

 
初心者の方は1ホールでOBを量産してしまった場合、いったいいくつでホールアウトしたのか分からなくなってしまうことがあると思います。

 
正式なルールでは1打目がOBだった場合、1打の罰を加えて3打目として同じティインググラウンドから打ち直すことになります。

 
OBの罰は1打なのですが、計算の仕方としてはOBはないものとしてプレーして打った回数にOB1つにつき2打をプラスしてもOKです。

 

例えば、ティショットで4回OBを打って、5打目がフェアウェイに打てた場合、
5打目を1打目として考え、6打でホールアウトしたとしたら、6+(4×2)=14となります。

 
ルール通りに考えると5打目がOBを打った回数4に、4打罰を加えて8打、5打目が9打目、そこから5回打ったので4+4+6=14となります。

どちらでも分かり易い方の計算の仕方でかまいませんが、OBの罰は1打ということは知っておきましょう。

 

ゴルフでの罰は距離の罰とストロークの罰に分けることがあります。

 
150ヤード先の池に打ち込んだ場合は、150ヤード進んで1打罰なので距離の罰は少なく、大体スコアが1打悪くなります。

 

OBは打ち直しのため、前に進めないのが距離の罰となり、同じ1打罰でも2打スコアが悪くなります。

左がOB、右が池というシチュエーションならば、どうするか・・
悪くても右(池方向)に打つというのが戦略の基本の1つとなります。

どんなことがあってもOBがある方向だけは避けると心得ておきましょう。

 

GSIゴルフジムでは体験レッスンの受講生を募集しています。
—————

体験レッスンご予約はこちら
お電話でのお問い合わせは03-6315-1551
レッスン中で出られなかった場合は、折り返しいたします。

—————-