知っていますか?「バンカーショット」と「ロブショット」の違い

バンカーショット(エクスプロージョンショット)とロブショットはフェースを開いて打つ点で共通しています。違いはどこに有るのでしょうか?

 

打ち方については、ハザードではルール上ソールをするとペナルティになるのでソールをしないで構えること以外は砂から打つか、芝から打つかの違いだけで打ち方は同じです。

通常のアプローチの打ち方でフェースを開いてグリップし構えると、開いた分だけ右に高く球が飛びますから、その分だけ左へ向いて構えてむいた方向に振ればロブショットとバンカーショットの打ち方になります。

インパクトはボールの南極部分より下にリーディングエッジが入るように注意しましょう。リーディングエッジの入りかたはロブショットの方がアバウトでOKでバンカーショットの方が精度が求められますのでその点がバンカーショットの難しい部分でしょうか。

ライの見極めについてはラフやフェアウェイから打つロブショットはライが見極めやすいのですが、バンカーはボール周辺の砂の固さや砂の厚みがハッキリしないのでアバウトに結果を求めるしかありません。
ソールができない、砂の中にヘッドを入れる精度が求められる、ボール周辺の砂の固さに核心が持てないため、バンカーショットの方がロブショットよりも難しいと言われます。

打ち方の違いはないと思っていいと思います。

というわけで、芝生の上から打てばロブショット、バンカーから打ったらバンカーショットと考えて問題はないだろうと思います。

体験レッスンご予約はこちら
お電話でのお問い合わせは03-6315-1551
レッスン中で出られなかった場合は、折り返しいたします。