スイング作りのための考え方

 

ゴルフというゲームは、止まっているボールを打つということが1つの難しさだといえます。
球技のほとんどは、動いているボールに対してプレーします。

止まっているボールを動かすゲームでは、ボールを動かす前に考える時間を長く取ることができてしまうために、「考え過ぎ」という落とし穴にはまりがちです。

 

https://egolf.xsrv.jp

 

しかし、何も考えないと上達もありません。

正しく、本質に沿った考え方が上達の一つの大切な要素になります。

ゴルフの本質はターゲットスポーツです。

 

ティショットではフェアウェイのどこかの一点、パッティングならカップなど必ずターゲットを設定してそこを狙って打つことになります。

そして、そのためにどうするかということが一番重要なプロセスになります。

そのために当たり前ながら忘れがちなのが、インパクトで、ヘッドの芯でフェースが打ちたい方向に向くようにすることです。

これがなかなか難しいのでその確率が高くなるスイングを目指します。

 

時間を追って考えると、グリップ、アドレス、バックスイング、トップ、ダウンスイング、インパクト、フォロースルー、フィニッシュ。

となるわけですが、考え方としては違います。

 

プロのスイング動画を見て学習するとします。

その順番は、インパクトがどうか?、その前後の1コマ、その前後の2コマ・・・・
そのためのアドレスとグリップ。

インパクトの1コマだけ考えているだけでは上手くいきません。

その前後は?そのために全体的にどう振るか?

と、意図するインパクトのために考えることはあまり邪魔になりません。

 

負の連鎖に陥るパターンは、インパクトと独立して手を返すとか、体重移動、頭を残すなどがスイングの目的になってしまうパターンです。

初めは思ったインパクトになるよう取り組み始めたことが、いつの間にかインパクトと離れて体の形を作ることが目的にすり替わってしまいがちになるわけです。

ということで、スイングを作って行く際には、
“”インパクトから逆算してスイングを考える“”
ことをどんなときも頭の真ん中に置いて取り組んで行きましょう。

 

⛳GSIゴルフジムでは体験レッスンの受講生を募集しています。

体験レッスンご予約はこちら

お電話でのお問い合わせは03-6315-1551

レッスン中で出られなかった場合は、折り返します。