パッティング時の優先順位

パッティングについてです。

 

グリーン上の傾斜地ではボールがカップに入るラインというものは無数にあり、ボールの転がるスピードによって変化します。簡単にいうとスピードが遅いと曲がりが大きくなり、スピードが速いと曲がりが少なくなります。

 

その時の状況などで、ワンパット狙いかツーパットで確実にいくかなどプレーヤー自身が判断する事になるのでしょうが、曲がり幅はスピードが決まっていないことにはイメージできないと思います。

 

下りで強く打てない状況、上りでしっかりと打てる状況などスピード設定を行ってから曲がりをイメージされると良いと思います。