フェアウェイウッドの形状とその打ち方

ドライバーもそうですが、フェアウェイウッドは、ヘッドの形状、重心位置で若干打ち方が変わった方が合理的です。

 

下の画像のヘッドの右下のリーディングエッジという尖った部分から、一番左の尖ったところまでの長さが長いほど、左の尖った部分が低い位置になるほどインパクト前のフェース向きが開くとダフリやすくなります。

 

この長さが長いほど左側に重心位置が来る(重心が深い)ので、左側部分が地面にあたりやすくなります。

 

 

https://www.g-one-golf.com

 

いわゆるシャロ―バックといわれるヘッド形状です。

 

このようなクラブは、スイートスポットが広く、球が上がりやすいというメリットと引き換えに意図的に高い球が打てなくなります。

 

インパクトでのハンドファーストの度合いが強く球が上がらない人に合うクラブです。

 

ショートアイアンが得意な人はシャロ―バックのフェアウェイウッドが合うと思います。

 

ハンドファーストの度合いが少ない人はオーソドックスな左右の長さが短く左側が地面から離れているクラブが合います。

 

このようなクラブはシャロ―バックのものと比べると、球が上がりにくくスイートスポットが狭いというデメリットがありますが、スピンが少なく距離が出やすい、意図的な高い球が打てるというメリットがあります。

 

どちらも一長一短ありますが、自分のスイングに合った方をチョイスすればいいと思います。

 

 

GSIゴルフジムでは体験レッスンの受講生を募集しています。

体験レッスンご予約はこちら

お電話でのお問い合わせは03-6315-1551

レッスン中で出られなかった場合は、折り返しいたします。

 

you tubeにレッスン動画をアップしています。     ⇒レッスン動画はこちら