ポジティブがいい?

ポジティブシンキングとかネガティブシンキングという言葉を耳にすることがあります。肯定的に考える、否定的に考えるということなどでしょうが、ネガティブシンキングの方が良くないイメージがあるように思いますが、そうなのでしょうか?

nbsp;

例えば、あなたが飛び込みプールの地上10メートルの飛び込み台の上にいるとしましょう。飛び込み台の先端に立って、下のプールを覗き込むとします。多くの人が「怖い」と感じるのではないでしょうか?

nbsp;

怖くないと感じる人もいるかもしれません。しかしこれが、同じ10メートルの断崖絶壁だとしたらほとんどの人が「怖い」と感じるはずです。先の飛び込み台から飛び込めと言われたら大半の人は飛び込めると思います。断崖絶壁の上から飛び込める人はほとんどいなくなるでしょう。

nbsp;

これは、飛び込み台の上から深いプールに飛び込むなら死ぬことはないだろうと考えることができるのに対して、断崖絶壁から岩場に飛び込めば十中八九死ぬなと考えるからでしょう。

nbsp;

「怖い」という感情が人間に限らず動物の命を守るために必要なのでしょう。命の危険から自分を守るためにとても大切なのが「怖い」ということなわけです。

nbsp;

私が免許取立ての頃、初めて街中で駐車場に駐車した時のこと。左の車は軽自動車、右の車はベンツ、「高い車にぶつけたら大変だ。」と咄嗟に思いました。お察しのとおり軽自動車の方に大きく近づいてしまいました。何度か切り返してベンツに近づけようと試みたのですが、なかなか駐車スペースの真ん中に近づけなかったのを覚えています。そう、高い車にぶつけるのが怖かったからです。

nbsp;

言い換えると、怖いと思えたおかげでベンツにぶつけなくて済んだわけで、同じように断崖絶壁から落ちずに済むんです。ただし、10メートルの飛び込み台からは飛び込めないとゴルフはうまくできません。

nbsp;

死に直結した断崖絶壁からは飛び込めてはいけないので脚がすくんで動けなくなるのは良い反応です。ゴルフの「怖い」は飛び込み台に似ているので怖いけどフェアウェイ左端に思い切り良くスイング出来ないといいパフォーマンスを発揮できません。

nbsp;

ということで、右側がずっとOBのホールはまず、右のstrongOBが怖い/strongとネガティブに捉えたのちに、strong命を取られることはない/strongとポジティブに受け止め、恐れずフェアウェイ左サイドに向かい思い切り良くスイング出来ることができれば理想だと思います。

nbsp;

初心者の頃はOBが怖いとは感じないと思います。プールサイドから水の中に飛び込む程度でしょう。ゴルフを長く続けていくうちにだんだん高い飛び込み台に連れていかれ、試合となると時折10メートル以上の高さまで連れて行かれます。プールサイドで頭から飛び込めても15メートルになると足からでも飛び込めなくなるのと同じです。練習で出来ても本番では出来ない理由はこのへんにあるのでしょう。

nbsp;

シングル入りを目指す方々は5メートルくらいの高さにいるのでしょう。右のOBが怖いと認め、怖いと思うあまりインパクトでは咄嗟にフェースを左に向けてしまう反応ができればシングル入りが出来ることでしょう。スクラッチプレーヤーならこの状況でフェアウェイが捉えられる必要も出てきますがOBにいかないだけで十分ですよ。
div class=”entry-content”

nbsp;

((((((( ‥)ノ |EXIT|

/div
nbsp;

nbsp;

nbsp;

頭の中のトレーニング

国内トーナメントも今季のゴールが見えてきた段階で、女子プロの横峯さくら選手のスパートは素晴らしいものがあり、TV中継を見ていてもとても面白く感じます。特にピンチの場面でも臆すること無く、自分のやるべき事がしっかりフォーカスされていて、自信を持ってプレーしているように感じるからです。技術が伴わない自信はボロが出やすく結果がついてきにくいですが、彼女の技術はしっかり磨かれているので、どんな場面でもしっかり自信が持てれば結果はついてくるようです。

そんな彼女の最近のコメントをチェックしたところ、以前はメンタルが弱点でこれをどう克服しようかと努力するも、なかなか上手くいかなかったとか。今年になって森川陽太郎さんというメンタルトレーナーと正式契約をし、彼の指導を受け入れてプレーしているようです。すると彼女の口から、「私のメンタルが弱いことは必ずしも悪い事ではない、という事に気付き、自分のメンタルの弱さを受け入れられるようになった」というコメントが出てますが、この事は彼女にとってとても重要な事柄に感じられます。

森川氏の事は知らなかったので、私も勉強した上で、みなさんに参考になりそうな事があれば、この場でお伝えしたいと思ってます。(^J^)

スイングチェック

鏡などを利用して、自分のスイングをチェックされている方もいると思います。

 

今日はトップまでの形を覚える事を目指している方へのアドバイスです。

 

巷では、トップの形をオンプレーン、パラレル、シャフトクロス、レイドオフなどと分類されていると思いますが、その形に大きく関係してくるのが、両肘の高さです。

 

両肘の高さを鏡で見比べてみた時に、右肘が大きく高い方は、(フライングエルボー、シャフトクロス)と呼ばれる方です。

 

同じく、鏡で見比べた場合、左肘が大きく高い方は、(シャフトが寝る、レイドオフ)と呼ばれる方です。

 

両肘の高さが、大きく変わらない方は、オンプレーン付近のトップかと思います。

 

スイングを綺麗にしたいという方は、ご自分の真逆の動きを考えて、シャドースイングを行えば、見た目には綺麗なフォームに改善されると思います。

 

しかし、クセを修正するのは、大変な事ですし、見た目がキレイになっても、ゴルフが上手くなるとは限りませんので、大きく調子が狂ってきた時のチェックポイントの1つとして考えて頂ければと思います。

90切りのパット♪

100切りなら数度の3パットは仕方ありせん。90切りなら36パットの2パット平均では済ませたいところです。そのためにはファーストパットの距離を合わせる事と、ショートパットの方向性を合わせる事です。

nbsp;

そうして、3パットの回数より1パットの回数を多くするのです。平均が20台のパット数にするためには全てのパットで距離と方向の両方を合わせられる必要がありますが、2パット平均をよしとするならミドル、ロングパットは距離感のみ、ショートパットは方向だけをコントロールできればOKだと思います。

nbsp;

ロングパットの距離感については練習環境が必要かもしれません。コースに行くたびに練習グリーンでできるだけロングパットで距離を合わせる練習をしてください。ショートパットの方向性の練習はパターマットでも十分です。

nbsp;

90切りのためには36パット切りを一つの目安にしてください。

nbsp;

((((((( ‥)ノ |EXIT|

混雑時のゴルフ場

秋のハイシーズンの真っ只中という事で、コースの中は人だらけで、大混雑という状況に当たってしまうかもしれません。

おおらかな人柄の方は、ゴルフ場が利益を出せて良かったじゃないか?と思えるかもしれませんが、短気な方は、スローペースにイライラしたり、ペースを乱している組は何処の組だ?と血眼になって探しているかもしれません。

混雑時のゴルフ場では、イライラしたり、怒鳴りちらしたりしても、状況がガラリと変わって気持ち良く回れるようにはならないと思います。逆に気持ちが切れた事により、プレーが雑になりスコアは大叩きにつながるケースも懸念されます。

混雑時のゴルフ場では、前の組の様子を毎ホール観察できる状況も考えられます。これを利用し、考察する事でコースマネジメントに役立てると良いでしょう。

例として挙げると、前の組のティーショットが4人揃って右に飛んでいた場合や、4人の内3人は右に飛んでいる場合などの状況で考えられるケースとして、ティーインググラウンドの向きが右を向いている。ティーマーカーの結んだ向きが右を向いている。風が左から吹いている。爪先さがりの傾斜があるなどです。

反対に左に揃って飛んでいる場合は、上記の逆のケースを考えてみてください。

他にも、ティーショットが飛んでいたり、飛んでいなかった場合にも風の向きや、地面の硬さなども影響しているかもしれません。

グリーン上では、前の組が3パットや4パットなどをしていたら、傾斜にカップが切られているかもしれません。そんなケースでは、アプローチやパットを上りが残るように工夫をするのも良いと思います。

同じように労力を使うなら、スコアメイクに役立つように使えると理想だと思います。

54ビジョン♪

宮里藍選手のメンタルコーチでもあるピア・ニールセン氏の著書に「54ビジョン」というのがあります。これは自分で限界をつくらず全ホールバーディを目指して54で回ることを目標に努力しなさい。というような内容です。詳しくは読んでみてください。

nbsp;

これを100切りに置き換えてみると、全ホールボギーで上がり90で回ることを目指しなさいとなりますかね、某国の元総書記が7700ヤードのゴルフ場で11のホールインワンを含む38アンダー34で回ったという記録があるそうです。これを「ふん、そんなことあるわけねえだろ。」と吐き捨てるか、こっそり狙ってみるかはあなた次第です。

nbsp;

例え常識から外れていても可能性を否定しない人の方がゴルフは上達できると思います。私が学生の頃の妄想上のベストスコアは「49」でした。ドライバーの飛距離は350ヤードしかし経験を重ねるにつれ、現実的な70くらいのスコアで飛距離は300ヤードくらいしか想像できなくなっていますが・・・・・・。

nbsp;

子供のように「アンパンマンになる」とか「空を飛ぶ」なんていう想像を疑いなく想い続けられるのも一つの才能と言えるかもしれません。それでも34は・・・・・・・・。

nbsp;

といことで、「不可能と思われることに挑戦する。」ことはとてもいいことだと思います。しかし、今不可能だと思うことに今挑戦するのは無謀です。34・・・・・・・もとい、90で回ることができるような技術を習得することを目指し、ラウンド中は出来ることだけをやり続けていくのが、とてもいい上達過程だと思います。

nbsp;

((((((( ‥)ノ |EXIT|

勝負服

みなさんは、ゴルフにおいて勝負服なるものを持っているでしょうか?

洋服には、人に与える印象、ファッションに対する自己満足など様々な効果があると思いますが、ゴルフを行う時に重視すべきポイントは、着心地であると思います。

このポロシャツは、デザインや色使いは好きだが、スイングを行うと脇の下あたりに違和感を感じるなどの服であれば、ラウンド中にストレスになるので、ゴルフや他のスポーツなどでも使用を控えるのが賢明かと思います。

知り合いのプロゴルファーに聞いた話では、スイングがしやすく、肌ざわりも気にいったと同じ服を何枚も大人買い?するプロもいるそうです。

ゴルフウェアを購入する際には、試着が可能であれば肌触りや、伸縮性などを実際に確かめて購入する事をお勧めします。

女性の7番アイアンの飛距離♪

noscript/noscriptnbsp;
div id=”wrapper”
div id=”content”
div id=”main”
div id=”side”
p class=”curucome”ネット上から拝借してきました。207人の女性の上級者を対象に7番アイアンの飛距離のアンケートをとったようです。これによりますと、平均はおよそ114ヤードだそうです。全員がご自分の飛距離を正確に把握していないかもしれませんし、使用モデルによっては飛んだり飛ばなかったりもしますが参考にはなると思います。/p
p class=”curucome”/p
p class=”curucome”この飛距離の1割弱がランだと考えていいと思います。するとキャリーは105ヤード程が平均かと思われます。ここから1割減の飛距離が女性のアベレージゴルファーの飛距離でしょうか?/p
p class=”curucome”/p

divimg src=”http://www.curucuru.jp/images/vote/vote17-1.gif” alt=”女子ゴルファーの7番アイアンの飛距離は?、調査結果(グラフ1)” //div
div/div
div/div
div/div
div/div
div id=”glam_widget_ranking_lifestyle_wrapper”
table id=”glam_widget_ranking_lifestyle” class=”glam_widget” width=”541″ cellspacing=”0″ cellpadding=”0″
thead
tr
td class=”glam_widget_header” colspan=”2″                                              ((((((( ‥)ノ |EXIT|/td
/tr
/thead
tbody id=”glam_widget_ranking_lifestyle_tbody”
tr
td class=”glam_widget_col” valign=”top” width=”32″/td
td class=”glam_widget_col”/td
/tr
tr
td colspan=”2″/td
/tr
tr
td class=”glam_widget_col” valign=”top” width=”32″/td
td class=”glam_widget_col”/td
/tr
tr
td colspan=”2″/td
/tr
tr
td class=”glam_widget_col” valign=”top” width=”32″/td
td class=”glam_widget_col”/td
/tr
tr
td colspan=”2″/td
/tr
tr
td class=”glam_widget_col” valign=”top” width=”32″/td
td class=”glam_widget_col”/td
/tr
tr
td colspan=”2″/td
/tr
tr
td class=”glam_widget_col” valign=”top” width=”32″/td
td class=”glam_widget_col”/td
/tr
/tbody
tfoot
tr
td class=”glam_widget_footer” style=”text-align: center;” colspan=”2″ align=”center”/td
/tr
/tfoot
/table
/div
/div
/div
/div
/div
nbsp;

顔の向き

アドレスやインパクトで、顔の向きが右をに傾いたり、左に傾いたりする事を気になさっている方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、この顔の向きが気にくわないと、矯正をする事がゴルフの上達につながるとは私には思えません。なぜなら顔の向きや傾きには効き目が関係すると思うからです。

距離感という言葉がありますが、片目よりも両目の方が距離感は掴みやすいはずです。この現象は左目では視界の右側が見やすく、右目では視界の左側が見やすいという左右の目のズレによる性質によるものだそうです。

上記の事を考えると、視界が悪い方の弱点を補正する為に本能的に体が調整してくれているとも考えられます。

ルックアップや、ビハインド•ザ•ボール、ボールを真上から見ろ、ボールを横から見ろ。。など色々な教えがあって混乱を起こしそうですが、自分の効き目を知り、その特性を考えてみるのも良い解決策になるかもしれません。

初心者とベテランの関係♪

誰もがゴルフを始めたばかりは初心者です。この初心者ゴルファーをベテランゴルファーが導いて行き、その初心者が成長して次の初心者をまた育てて行くという構図でゴルフ界が回っています。

nbsp;

ゴルフの基本である同伴プレーヤーに迷惑をかけないようにする精神がありますが、初心者の間はどうしても迷惑をかけてしまうのが現実です。どのようにプレーできたら迷惑をかけずに済むかということを学習して練習に取り組めばそれでいいと思います。ただし、それにあぐらをかいて練習しないのはいけません。

nbsp;

ベテランの方は寛容に初心者からかかる迷惑を受け止めて教育してあげる。初心者は教えを守り努力することで答える。初心者は赤ちゃんと同じで親に迷惑をかけてナンボです。そのかわり迷惑をかけた分将来の初心者に教えられるように成長していきましょう。

nbsp;

初心者が最初に学習すべきは、ルール・マナー・エチケット、続いてラウンドの要領、そして技術です。ハーフを2時間少々で回れるように頑張ってください。

nbsp;

nbsp;
div class=”entry-content”

                                               ((((((( ‥)ノ |EXIT

/div