ショットの調節

ゴルフは18ホール通してナイスショットだけで終えられる事はまずありません。

 

その日の傾向として、右に行きやすかったりダフリやすかったりとミスの内容が偏るはずですので、これに逆らわずに右に行きやすければ左へ向いて構える、ダフリ易ければ少しヘッドを浮かしてトップ気味に当たりそうなアドレスを作るようにして対応をするとある程度結果の計算が立つようになります。

 

これを右に行くから打ち方を修正しようとすると右にも左にもいくようになる事が多くなってしまいます。右に飛ぶなら左を狙う度合いを調整するようにした方がコースの攻略法も見いだせるのでスコアは意外に良く済ませる事ができるだろうと思います。

 

右に行きやすいショットはラウンド後や後日改めて修正をして次のラウンドに臨みましょう。