救済なのになんで罰打を払わなきゃいけないの?

ゴルフのルールブックを読んでいると救済という文字がよく出てきます。
 
救済とは何でしょうか?
 

 
ゴルフのルールの基本は、ボールはあるがままに打つ!です。

 
ショットが遠くの山の中や池の底に行ったら打てないので

OBを打った場合は1罰打を払えば元の位置から打ってもいいよという、プレー継続不能を救済してくれるわけです。

なのですが、大きなミスショットをした罰と感じがちです。

が、そうではなくプレー継続不能による失格になるところを1~2打の罰でプレーを続けさせてもらえるというのが本当のところです。

 

当然スコアは罰打の分悪くなりますが、ミスをしたわけですから仕方ないということで、

OBを打ってしまってもプレーが継続できることを感謝してプレーを楽しんでいきましょう。

 

 

GSIゴルフジムでは体験レッスンの受講生を募集しています。

体験レッスンご予約はお問合せフォームから

遠方の方、なかなか通う時間のない方へ!

LINEで動画を送るだけのオンラインレッスン始めました。詳しくはこちら

お電話でのお問い合わせは03-6315-1551

レッスン中で出られなかった場合は、折り返しご連絡いたします。