低重心のクラブはレベルに打って吉

ユーティリティやフェアウェイウッドは低重心化が進んでいて、ショートホールのティショットや

 

芝の上に浮いているときにフェースの上の方に当たると極端に飛距離をロスすることがあるので注意が必要です。

 

 

逆に従来難しいとされていたベアグラウンドや、フェアウェイバンカーからのショットが易しくなっています。

 

低重心のユーティリティやフェアウェイウッドで浮いているボールを打つ場合はダウンブローに打つことを避け、

 

レベルブローでインパクトするように心がけておくとフェースの上にあたり過ぎるミスを減らすことができます。

 

また低重心なほどスイートスポットとリーディングエッジの距離が短いのでトップし易いともいえます。

 

低重心化したことで易しくプレーすることができるようになった反面でそれを扱うために必要なテクニックも

 

変わってきています。

 

クラブの性質や特徴を理解して対応することでクラブの性能を活かしてプレーできると、

 

一段上のプレーができるようになると思います。

 

 

 

 

GSIゴルフジムでは体験レッスンの受講生を募集しています。

体験レッスンご予約はお問合せフォームから

遠方の方、なかなか通う時間のない方へ!

LINEで動画を送るだけのオンラインレッスン始めました。.詳しくこちら

お電話でのお問い合わせは03-6315-1551

レッスン中で出られなかった場合は、折り返しご連絡いたします。