アドレスの不安をなくす

練習場ではそれなりのショットが打てるのに、いざコースとなると練習場でも

でないようなトンデモないミスショットが、でてしまう人もいるのではないでしょうか?

ゴルフコースでは練習場のマットや、隣の打席との仕切り板のような、方向を

ガイドしてくれるような人工物がないので、自分がどこに向いてるか不安になって

しまうのではないでしょうか?

ゴルフのルールでは、ティーグラウンドとグリーン上ではボールの向きは自由に変えられます

ので、ボールのロゴマークや手書きのマジックで書いた線などを、目標に直角にあわせるな

ど、正しく目標に構えられるようにしましょう。

大切なことは、大丈夫かなと不安を抱えたまま、ショットなりパットを打たない事です。

みなさんも、アドレスがリズム良く、迷いもなく取れた時はナイスショットが高確率で打てて

いるのではないでしょうか?

もし迷いが取れなかったら、一度アドレスを解いてあげれば良いと思います。

スロープレーを気にしてしまうかもしれませんが、そこは妥協してはいけない部分だ

と思いますし、ラウンド中に何回か仕切り直しをしても、仕方のない事だと思います。

だってゴルフはメンタルスポーツですから(^。^)