ショットメーカーの悩み

ショットが上手になってくると、パターが下手になったという人がいます。

 

しかしパターが下手になってしまった訳ではなく、パーオンして打つファーストパットと、寄せワンしてからのファーストパットの距離が違うのでその様に感じてしまうのだと思います。

 

バーディーチャンスが多く作れる人は、4~5メートルのファーストパットが多いはずですが、この距離はポコポコ入る距離ではありません。しかし寄せワンでスコアを作っていた時代は1~2メートルの距離からのファーストパットが多かったのでしょう。

 

寄せワン時代はワンパットが多く、ショットメーカーになってツーパットが多くなる。当然スコアカードに記入するパット数は増えるので、その数字だけを見れば、パットが下手になったと思ってしまうでしょう。

 

ショットメーカーが感じる悩みは贅沢な悩みと割り切って、くれぐれも自分がパット下手だと思わないようにしましょう。