凍っているガードバンカー

真冬はバンカーの砂が、凍っている場合があります。こんな時は通常のバンカーショットの様に、球がふわっと高くあがって、柔らかく落ちるなんて事は考えないほうが無難だと思います。要するにエクスプロージョンショットが出来ないという事です。

 

かたい地面に跳ね返されて、トップしてまたバンカー、もしくはホームランして奥のOBなど、大叩きにつながりかねない状況なので、安全第一を優先させるほうが良いでしょう。

 

アゴの低い方向に向かって打ち、なおかつホームラン気味でもトラブルにならない場所を見つけて脱出させるのが、最善策でしょう。使用クラブはサンドウェッジよりも、バウンスの少ないアプローチウェッジのほうが良いかもしれません。

 

そんなゴルフは俺のポリシーに反するという力自慢の方は、氷砕きショットに挑戦するのも良いかもしれません。しかし怪我をする可能性がありますので、細心の注意が必要です。お薦めはできませんが、ご武運をお祈り申し上げます。

 

真冬のゴルフは、過酷な状況がたくさんあります。欲をかかずに我慢のゴルフに徹するほうが、大叩きは防げると思います。