グリップとワッグル

ゴルフボールを打つ時に、大切な事は何ですか?と質問したら、十人いれば十通りの答えが返ってくるかもしれません。Aさんは腰のキレ、Bさんは体重移動、Cさんは頭を残す、Dさんはリストターン、Eさんは肩の回転など・・・・・

 

私の場合は、スイングについてというよりも、グリップを正しく握る事と答えると思います。レッスン書などを見ると、左手のナックルは2つ半見えるようにして、親指と人差し指で作られるV字は右肩を指す。などと書かれている場合がありますが、手の大きい人や小さい人、指先寄りで握る人や手の平側で握る人など色々なのに、どうして向きや形を指定できるのだろうと不思議に思う事があります。

 

トーナメントを転戦しているプロゴルファーでも、握り方は様々で、ウィーク・グリップの人もいれば、フック・グリップの人もいます。大切な事は、その人にとってクラブフェースのコントロールがしやすく、インパクトの衝撃に耐えられるグリップなのではないかと思います。

 

私がゴルフを始めたばかりの頃、ジャンボ尾崎さんのエピソードを人から聞きました。その話によると、日本一のプロゴルファーが若かりし頃、短く切ったクラブで家にいる時でも、車で移動中の車内でも、時間を見つけてはワッグルをして、グリップを体に馴染ませる事を常にしていたそうです。

私もすぐに真似をして、家でテレビを見ている時などに、ワッグルを行いました。時にはクラブを靴べらに持ち替えて、高速ワッグルを繰り返しました。もちろん最初は上手くいきませんでしたが、慣れてくるとクラブや靴べらを速く動かせるようになりました。私なりのコツは、支点をなるべく動かさないように、手首を固めて、ヘッドを左右にたくさん動かす事です。このトレーニングを行うと、両腕の前腕部がパンパンに張ります。。。。

 

初心者の頃にワッグルをたくさん行なった事が影響したのかどうかは分かりませんが、私は、スライスに悩む事なく、ゴルフを覚える事ができました。飛距離が出ない人や、スライスに悩んでいる人は、グリップに対して、両手で正しく圧力をかける事が出来ていない可能性があると思います。家でワッグルの練習をして、自分なりの正しいグリップを身に付けて欲しいと思います。