シャンクの治し方 ~その2~

シャンクはアイアンのネック部分に当たるミスです。アドレス時よりもネックがボールに近づくわけですが、こうなる原因としてシャフト軸をインパクト直前に急激に反時計回りに回転させるとネックがボールに近づいてしまいシャンクになります。

 

シャフトを急激に反時計回りに回転させるとシャフト軸ではなくグリップエンドから10cmぐらいの一点とクラブヘッドの重心を結んだ線を軸に回転します。その結果ネックがボールに近づき、パチンッ!って音がしてボールは右へ飛んで行きます。

 

これは、スライスをシャフト軸を反時計回りに回してフェースの向きを戻そうとしたときによく起きる現象で初級者、中級者にかかわらず起こります。手首の動きが主にシャフト軸を回転させるので手首をロックしてもスライスしないようなスイングを目指してください。(´∀`*)