グリーンのスピードに対する対応

パッティングの打ち方の中でポピュラーな中の一つが前腕からパターのシャフトまでを一直線にするというものがあります。言い換えるとハンドアップに構えて打つという事になります。

 

こうすると良いという理由の一つが思ったより転がり過ぎないことで、ショット風にいうと飛ばなくなる打ち方という事です。

 

パッティングは通常はせいぜい長くても上りの30ヤードくらいですが、ババ・ワトソンはパターでティアップをしてフルスイングをすると300ヤードくらい打てるそうです。パターはドライバーよりロフトが立っているクラブなので短くてもそのくらい飛ばせる道具です。これを30ヤード以内限定で使うわけですからしっかり打っても飛ばない打ち方が合っているのです。

 

ハンドアップで打つとヘッドスピードが速くしにくくなり、ハンドダウンにするとヘッドスピードが出しやすくなるのです。

 

これを利用すると、極端に速いグリーンと遅いグリーンで構え方を少し変えて、ハンドアップに構えている人は遅いグリーンの時にショットやアプローチのグリップをしてハンドダウン気味にして打ち、普段そのように打っている人は速いグリーンの時に、前腕からシャフトまでを一直線になるようにグリップして打つと距離感がいくらか出しやすくなります。

 

他には、ロングパットとミドルパット以内とか上りと下りで打ち分ける方法も考えられます。

 

いずれにしても本番でいきなり試そうとすると、なれていないので逆効果になりますので、練習グリーンなどで時々構え方を変えて効果が出るかどうかの実験を予めしておくといいでしょう。