雨の日はパッティングのインパクトで砂が挟まらないようご注意を

今日の関東地方は雨模様です。

 

こんな日のパッティングはボールやフェースに砂利が付着して、インパクトでボールとフェースの間に砂利が挟まると、

 

ボールは反発しないうえに思わぬ方向に飛び出してしまいます。

 

この状態はインパクトの邪魔にはなりません

 

これはほとんどのゴルファーが経験したことがあることではないかと思います。

 

初心者の方はこれから経験するかもしれません。

 

これを避けるためにはボールの打たれる点の周囲とフェースに砂利が付いていないか打つ前に必ず確認する習慣をつけることです。

 

パッティングのルーティーンにボールをマークして拭いてフェースを見るという段階を取り入れれば砂利のせいでミスをすることを避けることができます。

 

ただし、初心者の普通のラウンドで、パットを一度打つごとにマークしたりボールを拭いていたのでは時間がかかり過ぎてしまいます。

 

グリーンが乾いているときにはまず砂利が付着することはありませんので、ボールはピックアップせずフェース面とボールの打たれる周囲だけを必ず見る習慣をつけるといいと思います。

 

カップの近くでほぼ確実にカップインできるときに砂利のせいで入らないという事態だけは絶対に避けるよう注意深くプレーするようにしてほしいと思います。

 

 

 

GSIゴルフジムでは体験レッスンの受講生を募集しています。
体験レッスンご予約はお問合せフォームから

遠方の方、なかなか通う時間のない方へ!
LINEで動画を送るだけのオンラインレッスン始めました。詳しくはこちら

お電話でのお問い合わせは03-6315-1551

レッスン中で出られなかった場合は、折り返しご連絡いたします。