スコアカード

ゴルフが上達するための心構えについてです。

私が以前、働いていたゴルフ場のメンバーさんで、来場するたびに、ラウンド終了後必ずマスター室にスコアカードを提出する方がいました。

スコアが良いときはもちろんですが、どんなに大叩きをしても必ずスコアカードを提出する方で、ゴルフに対して非常に紳士的に取り組まれている印象が今でも残っています。

悪いスコアカードを提出することは、ハンディキャップの維持や、早くハンディを減らしたいと考えている方には、なかなか出来ない事だと思いますが、この心構えの違いこそが、ゴルフ上達に大きく関係すると思います。

私もラウンドのスコアカードを保存して、色々なデータを取っていますが、極端に悪いスコアやデータをインプットすると、平均値が悪くなるので嬉しくはありません。だから調子が悪くても、気持ちだけは大叩きを防ぐために強く持とうと心がけています。

冒頭に紹介したゴルファーの方は、今では、ハンディキャップが5下になったと知り合いに聞きました。

心構えひとつで、ゴルフは上達することが出来ると思います。