くの字と ダフリ トップ♪

ゴルフのレッスン書を読んでいると「くの字」という言葉を目にする事があります。アドレス時の前傾した上半身と太腿、左腕とシャフト、右腕とシャフトなどが「くの字」に見えます。

nbsp;

アドレス時に飛球線後方から見た左腕とシャフトのくの字の角度がインパクトで変わるとダフリかトップになりやすくなります。このくの字の角度を変えずに打つと正面から見たら手首をコックしたように見えます。

nbsp;

立体的なくの字のオブジェを想像してみてください。このオブジェを時計の文字盤の中心に置いて自分は6時の位置に立ち、くの字を正面から見てください。すると3時前から見たときにアドレスのくの字になります。くの字の形を変えないようにテークバックをして腰の高さあたりに止めると、12時の位置から見た時の裏から見たくの字を右に倒した形に見えます。3時から12時に向かって歩くとくの字の角度がだんだんついて行くように見えるのと同じで、ノーコックで動かしてもだんだん手首を左親指側に曲げているようにも見えるというわけです。

nbsp;

これを勘違いしてアドレスよりも意識的にコックを深くすると最後にはもう一度縦に手首を解かなければいけなくなるためにダフリトップがおきやすくなってしまうのでこのくの字を固めてスイング出来ればダフリトップの発生率をぐんと引き下げることが出来るでしょう。

nbsp;

((((((( ‥)ノ |EXIT|