ショートパットが苦手な方に

先日、60代男性の方から”ショートパットに自信がなくて困っている”という相談を受けました。早速グリーン上で1~2mのパットを打ってもらった所、左にひっかけたり、右に押し出したりという結果が高い確率で発生してました。では問題がストロークにあるかと思ってチェックした所、致命的な難しい操作方法ではありませんでした。そこで少しカップから離れてラインの後方でチェックした所、目線がライン上から大きく離れていて、手前斜めからボールを見ている状態でした。そこで、目線がラインに対して鉛直になる場所にくるよう構えを変更して貰った所、ショートパットでの左右に外す確率が大きく下がりました。

この男性はこの変更の後、2回ほどラウンドされたようですが、ショートパットが楽に打てるようになり、ミドルパットのタッチも合わせやすくなったとか。

ショートパットに苦労されている方は、目線を仲間か鏡などを活用して一度チェックしてみて下さい(^J^)