スイング軌道とロフト角

一般論として同じヘッドスピードのゴルファーが2人いて、一人は高身長、一人は低身長だとしたら、打球の高さは高身長の方が高くなります。

上記の現象はスイング軌道の違いによるものですが、高身長の方はアップライトなスイングになりバックスピンの量が増える事になります。

反対に低身長の方はフラットなスイングになりバックスピンの量が少なくなります。

ドライバーのロフト角を考えた場合に、バックスピンの量を減らすには少ないロフト角を選び、バックスピンの量を増やすにはロフト角の大きいモデルが良いでしょう。

可変式のドライバーなどがあれば、買ってみたけどロフト角が合わなかったという事は避けられるかもしれません。

固定式のドライバーを買う場合には、実際に試打などを行い、打球の高さやスピンの量をチェックしてから購入されると良いと思います。