オープンフェイスのドライバーでの飛距離アップ

アドレス時にハンドファーストに構える人、あまりハンドファーストに構えない人などグリップのポジションには許容範囲があって良いものだと思います。

 

上記のグリップポジションは、クラブのフェイスアングルで変わってしまうことも覚えておきましょう。

 

例えば強いフックフェイスのドライバーを使用している場合、クラブフェイスをターゲットに真っ直ぐに向けるにはハンドファーストを強くする必要があり、反対にオープンフェースが強いドライバーを使用している場合にはグリップエンドがおへそを指す位中心に向かって構えてようやくクラブフェイスがターゲットに真っ直ぐに向く事もあると思います。

 

初心者の頃はスライスの軽減のためにフックフェイスのドライバーを使用する方も多いと思いますが、曲がりが少なくなってきたらストレートフェイスやオープンフェイスのドライバーにもぜひチャレンジしていただきたいと思います。

 

お客様で上級者の方がフックフェイスでシャロ―フェイスのドライバーを使用していたのですが、ややディープフェイスで0.5度位オープンフェイスのドライバーに変更してみたらいかがでしょうか?とアドバイスをしたところ、そのお客様のドライバーの飛距離はどんどん伸びて以前より20ヤード程伸びたという例も過去にはありました。

 

その方の場合は、フックフェイスのドライバーをひっかけないようにインパクトで開いてボールに当てていたために強く叩けないインパクトになっていたのであろうと推測します。

 

上記の例はスピンが多く入ってしまい飛距離をロスしていた方に有効でありますが、ゴルファーの方それぞれに適正なクラブフェイスのアングルやシャフトの挿入角度などは違うと思いますので、ゴルフショップでの計測やプロショップのクラフトマンの方に相談されて決めていただく事が1番であると思います。