アゴの高いバンカー

アゴの高いバンカーを苦手にしている方は、アドレスを再確認して頂くと克服できるはずです。

バンカーショットを苦手にしている方の多くは、ボールを右寄りにセットし、クラブフェイスのロフトを立てて構えている方が多くいらっしゃいます。

そのため、インパクトゾーンでは、ダウンブローが強く、サンドウェッジのバンスも上手く使えないために、砂を取りすぎたり、球が上がらないなどのミスショットに繋がります。

上記のような症状に当てはまる方は、アドレスでボールをスタンスの左寄り(背骨の位置をボールの右側)にセットし、クラブフェイスを開いて構え(バンスが使える状態)にして構えてみてください。

きっと球がふわっと上がり、バンカーのアゴをクリアできるようになるはずです。