脇をしめろの本質はこういうことです

脇をしめろというスイングの教えは見聞きしたり、実践している人はとても多いのではないでしょうか?

 

また、この教えに関する誤解もとても多いと思われます。

 

体の骨格的な構造から考えると、上腕骨は肩甲骨とつながっていますので、

 

この2つを一体化することで、スイングの再現性の向上と強いエネルギーでクラブを動かすための重要なピースの1つができることになります。

 

このピースを動かしてスイングをすると肩甲骨が動くほど腕は体から離れます。

 

 

間違いが多い脇をしめるはトップスイングで肋骨と腕を固定するようなしめ方です。

 

脇をしめるというのは、脇の下だけを強くしめて肘が体の周りを動けるような動作にするというのが正解です。

 

もし勘違いをして肋骨に肘を押し付けたようなバックスイングやトップになっているという方は是非見直してみてください。

 

 

 

 

GSIゴルフジムでは体験レッスンの受講生を募集しています。
体験レッスンご予約はお問合せフォームから

遠方の方、なかなか通う時間のない方へ!
LINEで動画を送るだけのオンラインレッスン始めました。詳しくはこちら

お電話でのお問い合わせは03-6315-1551

レッスン中で出られなかった場合は、折り返しご連絡いたします。