ランニングアプローチ

グリーン周りからのアプローチショットは転がす、上げて止める、その中間のピッチエンドランといわれるショットの中からどのように攻めるか選択をするのが基本です。

 

この場合にクラブを変える事で違いを出すか、打ち方を変えて違いを出すかは自分の好みに従えばいいでしょう。

 

いずれにしてもランを増やすか減らすかをコントロールできると様々な状況下からホールに寄せる事も出来るのと、リスクマネジメントも出来ることになります。

 

単純に長いクラブを選択するほどキャリーが減りランが増えます。短くなるほどその逆になります。

 

上げるか転がすかの選択基準を持っていなければなりません。転がす場合はリスクが少なくなる代わりに地面の影響を大きく受けるので計算がしにくくなります。上げるほどリスクは増えますが、ボールが落ちてからの転がりは計算しやすくなります。

 

このリスクはロフトのあるクラブほどリーディングエッジがとがってますので刺さりやすくロフトが少ないほど刺さりにくいという事が一つと、高く上げるほどヘッドスピードが必要なのでトップしてしまった場合に大オーバーしてしまう危険があるということ、それからヘッドスピードを出そうとするほどストローク幅が大きくなるのでミスの可能性が高くなります。

 

その代わり、思い通りに打てた場合はイメージからかけ離れた事が起きにくいので狙い通りに寄せる事が出来ます。プロならトップやダフリはあまり起きないのでSWを使うなどしてキャリーを多くして打つ事が多くなります。逆にストロークのミスでダフリトップが良く出てしまう方はランニングアプローチを多く選択して大叩きを防ぐことがスコアメイクにつながるでしょう。