暑さのため集中できない時の対策

どんなことをするにも集中することができれば物事が上手く行くと思います。

 

夏場は暑くて集中できないことも多いのではないでしょうか?

 

深い集中状態というのはその前後でリラックスすることが必要です。

 

ましてやアマチュアの方のゴルフは寝不足であることも多いでしょうから尚更上手くリラックスしてボールを打つ時にだけ集中するテクニックが欲しいところです。

 

歩いてのプレーだとしたらショットとショットの間の歩いての移動時は寝ながら歩いているくらいに頭を休めて下さい。

 

カートでの移動なら仲間とプレーとは関係ないことを談笑することもいいでしょう。

 

 

しかし、自分に良い結果を求めるほどプレー中ずっとプレーのことを考えてしまいがちになりますが、意識的に頭をプレーから離してリラックスするようにしてみて下さい。

 

ボールを打つ時は打つ前の自分の手順を毎回同じようにこなし、アドレスが完了する頃に集中度がMaxになるように意識してみて下さい。

 

この集中度とそれまでのリラックス度のギャップを大きくできるように意識的に取り組むと2次的に変なプレッシャーの中でプレーしなくて済むようにもなると思います。

 

ボールを打ったら今打ったショットの反省などを済ませたら今のショットのことは忘れてすぐに集中のスイッチを切って次のショットまでリラックスすることに努めましょう。

 

スイングのことでなく、このように自分の集中度やリラックス度に目を向けることで結果的に変なプレッシャーの中でプレーせずに済むようにもなってくれるでしょう。

 

一度お試しあれ。

 

 

GSIゴルフジムでは体験レッスンの受講生を募集しています。

⇒体験レッスンはこちら