シャンクの本質♪

strongゴルフ シャンク/strong  というキーワードでググってみました。すると、出るは出るはすごい数のシャンクに関する記事がありました。他のミスショットと比べて「もうゴルフやめようかな。」と、とても深刻に病んでる方が数多く見受けられました。

nbsp;

strongシャンク 原因/strong、 strongシャンク 治し方/strong と検索してみてもすごい数の記事、いくつか読んでみると原因のはずなのに読んだ範囲だけで30以上原因が記事になっています。シャンクで深刻に悩む方がこれを読むと悩みが深くなりそうです。

そもそもシャンクというのはインパクトでボールがネックに当たるというだけのことなんです。

nbsp;

アドレスで5番アイアンのフェースの中央にボールを合わせたとしたら、そこからヘッドが3cm強ターゲットラインに近づいてインパクトするとシャンクになります。

nbsp;

ベン・ホーガンのガラスの板が3cm強ターゲットラインの向こう側にずれたらシャンクになるわけです。

nbsp;

したがって、出来るようになるべきことは現在のヘッドの軌道を3センチターゲットラインから離せばいいだけです。

nbsp;

これを具体的に体の動き方で直そうとすると多くの方法が考えられます。逆に原因も同じ数だけあるわけなので上記のように多くの違った記事が数多く存在するんですね。

nbsp;

なので、単純に3cmターゲットラインから離れたところを振るための工夫だけに注目しておけば例えシャンクが多く出るようになってしまったとしても混乱はしないで済みますので知っておくといいかもしれません。
div class=”entry-content”
div class=”entry-content”

nbsp;

((((((( ‥)ノ |EXIT|

/div
/div
nbsp;

nbsp;

nbsp;

nbsp;