上から打ち込むほど球は上がる?

「球を高く上げたいときほど上から打ち込むように打て」

 

という人がいます。

 

これを読み解いていってみましょう。

 

これは、ダウンブローで打てということか?

 

インパクトでヘッドが下がりながら当たるのがダウンブローです。

 

すると、同じロフトでインパクトするならダウンブローよりはアッパーブローの方が高い弾道になるので、こういうことではありません。

 

高い球を打とうと過剰にアッパーブローに振ってしまうと、ヘッドがボールの手前を打って、ヘッドが上昇してトップし、その結果、低い弾道になってしまいます。

 

手前をダフらなくても同様にトップします。

 

このトップと逆に、フェースの上の方にボールが当たると高い弾道になります。

 

地面の上のボールはアッパーに当てるのはとても難しいので、レベルブローでできるだけフェースの上(スイートエリアの1番上)の方で打つのがコントロールの限界でこれ以上の高さが欲しいと、冒険し過ぎの状態ではないかと思います。

 

ドライバー以外のショットは軽いダウンブローで打つのが基本ですが、この状態より球の位置を球1~2個ほど左にして、グリップはわずかにウィークグリップで左に置いたボールにスクエアにセットし、スイング軌道を若干インサイドアウトにしてスイングすると高い弾道のショットになります。

 

 

ということで、レベルに打っている人がフェースの上の方に当てるために、上から打ち込むイメージで打つと(自分は)高い球が打てるよというのが、この話の真相なのだと思います。

 

 

 

⛳GSIゴルフジムでは体験レッスンの受講生を募集しています。

体験レッスンご予約はこちら

お電話でのお問い合わせは03-6315-1551

レッスン中で出られなかった場合は、折り返しいたします。