凍結グリーン

今年の冬は暖冬傾向ですが、1月の長期予報では平年並みの気温になるそうです。

 

関東地方はまだ積雪した地域は少ないですが、最低気温はグリーンが凍結するところまで下がるようなので凍結したグリーンでのプレー機会があるかと思います。

 

凍結したグリーンではグリーンにボールがキャリーすると大きくはずんで奥までこぼれてしまいます。

 

言い換えればこういう状況ではとてもボールを転がしやすくなります。

 

グリーンが溶けるまでは転がしに徹しておくのが無難です。

 

どのくらい転がるかはプレーヤーの想像力に任せるしかありませんが、チャレンジを繰り返す(経験を積み重ねる)事で想像力が磨かれていくはずです。

 

ここは経験だと思って徹底した転がしのゴルフをしてみるといいと思います。