アドレスって本当に大事です

アドレスはショットの精度が上がっていくほど重要性が高まります。

 
初心者がアドレスだけ良くしてもスイング中に姿勢が崩れたりスイング軸がぶれるのならアドレスが良くても結果を良くすることにはつながりません。

 
でも、スイングを作っていく過程ではアドレスが良くないとその後の動作がうまくいきません。

 

プロや上級者はアドレスに対しての弾道の再現性が高いので、アドレスが違っているとミスショットに直結しやすくなります。
 
逆にアドレスさえうまくできたら、高い確率で狙ったショットが打てます。

 
良いアドレスとはスイング中に軸がぶれないよう安定させること、力強く体を動かしてスイングできること。
そして、ターゲットラインとボールに対して姿勢が一定であることが条件になります。

 

そして姿勢については人それぞれ違うので、自分にとっての良い姿勢をとることが大事です。

 

背中の形は特徴が表れやすいです

 

 

一度良いアドレスがとれるようになっても、ちょっとした体調や気持ちの変化などで崩れやすいものですので、

 

頻繁にチェックをするとゴルフの乱れを予防することにつながります。

 

良いアドレスであれば、体を動かしやすく体に痛みや硬直、ゆるみは感じないのでもしこれらの一つでも思い当ったら別の姿勢を探すようにするといいでしょう。

 

まずは、自分にとって良い姿勢を見つけ出すこと、それができたらターゲットラインに対していつも同じアドレスがとれるように繰り返し、

 

自分のアドレスができたら、頻繁にチェックをするクセをつけるとスイングもしやすくスコアも良くなると思います。

 

 

 

 

GSIゴルフジムでは体験レッスンの受講生を募集しています。
体験レッスンご予約はお問合せフォームから

遠方の方、なかなか通う時間のない方へ!
LINEで動画を送るだけのオンラインレッスン始めました。詳しくはこちら

お電話でのお問い合わせは03-6315-1551

レッスン中で出られなかった場合は、折り返しご連絡いたします。