カチャカチャを十分に使いこなしましょう

カチャカチャっとするとロフトを1°~2°ほど変えることができます。

 

ロフトが10°のドライバーなら8°~12°の間で調節ができるということです。

 

調節をすると微妙に打ち方も変わりますが、それほど大変な調整ではないと思います。

 

プロや上級者の方なら季節、気温によって飛距離や弾道が変わることがおわかりでしょう。

 

技術が高いほどクラブから受ける影響が大きくなりますから、

 

カチャカチャを上手く活用できるかどうかでスコアも変わってきます。

 

 

季節の変化に対応できれば1年を通じて良いプレーをすることができるでしょう。

 

季節によって変わるのは気温が変わることで空気密度が変化し、ボールへの空気抵抗が変わり、

 

空中での弾道が変わります。

 

芝生の葉の堅さや湿度、芝密度が変わってボールの転がりが影響を受けます。

 

 

暖かいほど空気抵抗が少なくなり、芝生の抵抗が増えますから、キャリーが出てランが少なくなります。

 

寒いほど空気抵抗が大きく、芝生の抵抗が減るのでキャリーが出にくくランが出やすくなります。

 

なので、夏は冬と比較して相対的にロフトが多め、バランスが軽め、冬はその逆になります。

 

自分で感じる得意な季節を基準にカチャカチャっとして対応できれば、そうしない人よりも有利にゲーム運びができるでしょう。

 

今の時代カチャカチャを駆使して様々な状況の変化に対応できるかどうかも実力のうちとなっています。

 

ぜひ積極的に利用してみてはいかがでしょうか?

 

 

 

GSIゴルフジムでは体験レッスンの受講生を募集しています。

体験レッスンご予約はお問合せフォームから

遠方の方、なかなか通う時間のない方へ!

LINEで動画を送るだけのオンラインレッスン始めました。.詳しくこちら

お電話でのお問い合わせは03-6315-1551

レッスン中で出られなかった場合は、折り返しご連絡いたします。