ドライバーのフェースの合わせ方

ドライバーやフェアウェイウッドを構えるとき、リーディングエッジかトップエッジのどちらかをターゲットラインに対して直角に合わせるのが基本です。

 

どちらかというのは、メーカーやモデルによってどちらかを合わせるように設計されています。

 

① キャロウェイやテーラーメードはリーディングエッジを直角に合わせるように    ②なっており、

 

② ダンロップやタイトリストはトップエッジを直角に合わせるとそれぞれスクエアになるように設計する傾向があります。

 

というよりも、リーディングエッジとトップエッジが平行になっていますので、どちらで合わせてもOKです。

 

上の画像はキャロウェイのエピックですが、リーディングエッジをターゲットラインを直角に合わせると、トップエッジはやや右に向きます。

 

この見え方に慣れている人が、②のドライバーを構えると右に向いて感じます。

 

感じるだけで、本当は真っ直ぐに向いているのですが、右に向いて感じてしまうと、申し越し左へ向けて構えたり、インパクトで少し左に向けて当ててしまいがちになり、

 

逆のケースもあります。

 

これは、慣れで解決できる範囲ですが、なかなか慣れない人もいます。

 

ドライバーを買い替える際はこの点もご一考ください。

 

 

⛳GSIゴルフジムでは体験レッスンの受講生を募集しています。

体験レッスンご予約はこちら

お電話でのお問い合わせは03-6315-1551

レッスン中で出られなかった場合は、折り返しいたします。

ドライバーヘッドの適正重心位置

クラブのタイプとして、ヘッドの重心位置が深いものと浅いもの、重心距離が長いものと短いものがあります。

 

どれも極端に設定すると打ちにくい変なクラブになってしまいますので、実用的な範囲に設定されます。

 

 

重心距離が長いタイプは、バックスイングからダウンスイングにかけてフェースをシャットに使う人に適します。

 

重心距離が短いタイプは、切り返しが速い人や、瞬発的に引っ叩くような人に適しています。

 

重心が深いタイプは、インパクトのハンドファーストの度合いが大きいショートアイアンが得意な人に適します。

 

重心が浅いタイプはハンドファーストの度合いが少ないロングアイアンが得意な人に適します。

 

自分に適したタイプのヘッドを選択して、自分に適したシャフトを選択した後ロフトの調節をするのが理想だと思います。

 

 

⛳GSIゴルフジムでは体験レッスンの受講生を募集しています。

体験レッスンご予約はこちら

お電話でのお問い合わせは03-6315-1551

レッスン中で出られなかった場合は、折り返しいたします。

ダフリの原因は3つだけ

ダフリというミスは、結果オーライになりにくい面があるなど、あまりしたくないミスです。

 

このダフリというミスの原因を大きく分けると3つしかありません。

 

ダフリを分析するにあたり、回転の中心、半径、最下点がキーワードになります。

 

回転の中心とは、ヘッドの軌道の中心に当たる部分で、ここでは首の付け根ということにします。

 

半径とは回転の中心とクラブヘッドの長さです。

 

最下点とは、インパクト前後のヘッド軌道の一番低くなる点のことをいいます。

 

良い基準のスイングは、回転の中心位置がキープされ、インパクトの半径がアドレスと同一で、最下点がボールの位置になるスイングです。

 

 

ダフリの原因は、

① 回転の中心が下に下がる

② インパクトの半径が長くなる

③ 最下点がボールの右になる

 

上記の3つで度合いが大きかったり、複合すると大ダフリです。

 

①~③それぞれの要因は複数ありますが、それぞれを区別して原因を探すようにするとシンプルに改善に臨めると思います。

 

 

⛳GSIゴルフジムでは体験レッスンの受講生を募集しています。

体験レッスンご予約はこちら

お電話でのお問い合わせは03-6315-1551

レッスン中で出られなかった場合は、折り返しいたします。

フェアウェイウッドのライ角を注意していますか?

ドライバーに関しては、ソールが地面に当たらないようにスイングするために、ライ角は気にする必要はありません。

 

ライ角が何度であろうと弾道がよくなればいいと思います。

 

それに対して、フェアウェイウッドは地面と共にボールを打つクラブですからライ角の影響は必ず受けます。

 

 

ライ角がアップライト過ぎるとソールのヒール寄りが着地して地面を打つとヘッドが返ってしまい左にヒッカケてしまいます。

 

フェアウェイウッドは、ロフトが小さいのでライ角による方向性に関しての影響は少なくなります。

 

基本的にライ角は身長が大きいほどアップライトなものが適します。

 

ところが米国製のフェアウェイウッドの方がフラットで、日本製の方がアップライトな傾向になっています。

 

日本人はフックフェースのクラブを気にする傾向にあり、メーカーとしてはライ角も含めてスライスを抑えるクラブでありながら、フェースはなっ直ぐに見えるような工夫をしていると思われます。

 

夏は浮いたボールのライになりますから、ライ角が合っていなくても、さほど問題になりません。

 

冬場にだけライ角の合わないフェアウェイウッドを使っていると、悪い影響が現れてきます。

 

日本製のフェアウェイウッドだとアップライト過ぎて難しくなる人が結構多いように思います。

 

特に身長が低くフェアウェイウッドを使う機会が多い女性が、アップライト過ぎるフェアウェイウッドを使うとヒールに当てなければならなくなり、

 

しかもダフるとヒッカケが出て、これを嫌ってトップが多くなるというような負のスパイラルに陥りがちです。

 

つま先下がりではよりヒール寄りのソールが着地することになりやすいので、ここも難しくなります。

 

アイアンに比べるとライ角の影響を受けにくいとはいえ、フェアウェイウッドもライ角の合うものの方がショットの正確性が高くなります。

 

いろいろなライ角のフェアウェイウッドを打ち比べて、ご自分の適正なライ角を探してみてはいかがでしょうか?

 

 

⛳GSIゴルフジムでは体験レッスンの受講生を募集しています。

体験レッスンご予約はこちら

お電話でのお問い合わせは03-6315-1551

レッスン中で出られなかった場合は、折り返しいたします。

カチャカチャの調整基準

ドライバーに搭載されている弾道調整機能は、

 

①シャフトの取り付け角度を調整するもの

②おもりをスライドさせて重心位置を変化させる

③おもりを変えてバランスを調整する

 

の、3タイプがあります。

 

①は単純にロフト、ライ角が変化して弾道を変えようという目的のもので、僅かに重心位置も変わります。

 

②は重心距離、重心角を変化させて性能変更をして弾道が変わるというもので、打ちやすさに大きく関わります。

 

 

これの変更の基準は、その人の得意クラブを基準にして決めるといいでしょう。

 

得意なクラブをヘッドがテーブルからはみ出るようにして、シャフトをテーブルの上に置くと、リーディングエッジが斜めになります。

 

この傾きを重心角といいますが、アイアンは短い番手ほど重心角が深くなります。

 

重心角が深いほどインパクトのハンドファーストの度合が大きくなるのが適正なインパクトで、ショートアイアンが得意な人はドライバーの重心角もそれに近づけてあげれば打ちやすくなります。

 

③は重さを変えればわずかに重心の高さも変わりますが、振りやすいバランスにするための機能と考えた方がいいでしょう。

 

従来は重くするときは鉛を貼り、軽くすることができませんでしたが、軽くすることも可能なので便利です。

 

また重くする場合、鉛を貼る方が僅かですがエネルギーロスにつながるので有効な機能だと思います。

 

ということで、カチャカチャで調整して自分用のドライバーにするためには、②、③を最初に調整して打ちやすい状態にした上で、①の調整で最終的な弾道に調整するといいでしょう。

 

①~③すべてが搭載されているものは少ないですが、すべて搭載のモデルで自分に合った重心位置を発見すると、今後のクラブ選びがスムーズに運ぶでしょう。

 

折角ついている機能なので、是非活用してみてはいかがでしょうか?

 

 

 

⛳GSIゴルフジムでは体験レッスンの受講生を募集しています。

体験レッスンご予約はこちら

お電話でのお問い合わせは03-6315-1551

レッスン中で出られなかった場合は、折り返しいたします。

易しいクラブ、難しいクラブ、初心者用クラブ、何が違う?

易しいクラブ、難しいクラブとよくいわれますが、どのようなクラブが易しいクラブで、どのようなクラブが難しいクラブなのでしょうか?

 

一般的に易しいクラブとは、打球が上がりやすく、つかまりやすく、芯を外してもある程度飛距離が出るクラブのことを指していると思います。

 

打球が上がりやすいのは低重心、つかまりやすいのはフックフェース、深重心、芯を外してもある程度距離が出るのは深重心、大きなヘッドで、

 

これらを満たしたクラブが易しいクラブということなのだろうと思います。

 

この易しいクラブを悪くとらえると、球が上がり過ぎて、引っかけやすいので、逃がすように打ったら飛ばなくなるクラブ。

 

実際に易しいクラブを打って左へのミスが多くなる人にとっては難しいクラブということになるのですが、スライサー人口の方が多いので、このように区分されていると思います。

 

各メーカーは、易しいクラブと難しいクラブをブランド分け、モデル分けしています。

 

易しいクラブ 難しいクラブ 例

 

キャロウェイ

エピックフラッシュ  STAR(易しい) SUB ZERO(難しい)

テーラーメード

M6(易しい) M5(難しい)

Mグローレ(より易しい)←Mシリーズとはブランド分けされている

 

このように分かれています。

 

純正シャフトの硬さの設定も、易しいモデルの純正シャフトSと、難しいモデルのRシャフトと同じくらいの設定のなっていたりもします。

 

インターネットでのご購入の際などは、ご自分に合った硬さのものを正しく選択できるよう、事前の調査や実際に試打するなどのひと手間をかけるようにすると、良い買い物ができるでしょう。

 

 

ちなみに初心者用といわれるクラブは、開発費、材料費などを削って、お手頃の価格設定となっているので、性能は低くなりがちです。

 

昔は難しいクラブばかりだったので、初心者用クラブとして安くて易しいクラブがあったのですが、現在のクラブは十分に易しくできていますので、初心者の方は、古めの良いクラブをご購入されることをおススメします。

 

中古ゴルフクラブショップの店員さんはクラブに詳しい人が多いので、積極的に相談してみてください。

 

 

 

⛳GSIゴルフジムでは体験レッスンの受講生を募集しています。

体験レッスンご予約はこちら

お電話でのお問い合わせは03-6315-1551

レッスン中で出られなかった場合は、折り返しいたします。

雪に関連するルールは新ルールでもほとんど変わっていません

今年の東京はもう雪は降らないかな?

 

と、思った矢先に・・・降りました。

 

雪の中でプレーする時のルールを確認しておきましょう。

 

新ルールでは、雪に関連するルールはどうなっているでしょうか?

 

去年までと変わった点といえば、カジュアルウォーターハザードという言葉がなくなり、一時的な水という言い方に替わっただけです。

 

雪の扱いは、一時的な水か、ルースインペディメントとして救済が受けられます。

 

 

一方で、霜、氷はルースインペディメントではない為、取り除くことは出来ないので、ご注意ください。

 

露、霜、霜柱など   地面に由来   取り除くことができない

雪、霰、ヒョウなど   空由来    取り除くことができる

 

と考えると覚えやすいと思います。

 

ルールを正しく理解しプレれー楽のしみましょう。

 

 

⛳GSIゴルフジムでは体験レッスンの受講生を募集しています。

体験レッスンご予約はこちら

お電話でのお問い合わせは03-6315-1551

レッスン中で出られなかった場合は、折り返しいたします。

ドライバーがドロップしてお困りの方、ボールを換えるだけで・・・

ドライバーの弾道がドロップして飛ばない人が多くなっています。

 

ドロップするというのは、スピン量が少ないということです。

 

スピン量が少なければ距離が出るといわれていますが、それだけでは距離が出るとは限りません。

 

弾道が適正になる必要があります。

 

スピン量が少ないほどボールの打出し角度は高く、多いほどほど低く打ち出した方が飛距離が出ます。

 

ボールがドロップしてお困りの方は、打ち出し角が高くなるように技術的な変更をするか、カチャカチャで調整するなどして対応しましょう。

 

他に簡単な方法として、ボールの銘柄を変えてみるという手があります。

 

性能の違ったボールに替えることで、打ち出し角やスピン量が増えることもあります。

 

試打室を備えたショップでお願いすると、ボールのフィッティングをしてくれるお店もありますので、問い合わせてみてはいかがでしょうか?

 

 

平均的な飛距離の女性がプロが使うようなスピン系のボールに換えたら飛ぶようになったというような事例もあり、メーカーの設計意図と反して思わぬところで好結果につながることがあります。

 

クラブを換えたてのときなどは慣れているボールよりも銘柄を変えたら飛距離が出るようになるケースも以外に多いと思います。

 

ボールなんか関係ないと思っていても、知らないうちにボールによって結果が左右されていますので、一度自分に合っているボールを探してみてはいかがでしょうか?

 

 

⛳GSIゴルフジムでは体験レッスンの受講生を募集しています。

体験レッスンご予約はこちら

お電話でのお問い合わせは03-6315-1551

レッスン中で出られなかった場合は、折り返しいたします。

大きくなったもんだ

30年程前は、下の画像の左側のような木のヘッドが使われていました。

 

 

パーシモンから、ステンレス、チタン、チタンとカーボンのコンポジットとヘッドの素材は変わり、ルールで規制されるほど大型化してきました。

 

気が付くと今の若手のプロたちは、パーシモンのウッドを打ったことがなく、子供のころから、重心距離が長く、軽いクラブで育ち、その軽さを活かしたスイングが身についています。

 

進化した道具に適性がある選手が揃っていることも、現在の急激なゴルフのレベルアップや飛距離アップに一因しています。

 

昔の重くて短い道具を速く振る打ち方よりも、軽くて長い道具を速く振る打ち方、体重が軽くても、瞬発力がある肉体が現在のゴルフには適正として求められています。

 

シニアのベテランゴルファーの方には、軽い棒を速く振る練習をおススメします。

 

 

⛳GSIゴルフジムでは体験レッスンの受講生を募集しています。

体験レッスンご予約はこちら

お電話でのお問い合わせは03-6315-1551

レッスン中で出られなかった場合は、折り返しいたします。

初心者のスライスの脱し方

ゴルフの初心者は、スライスボールが多く出る状態になることがとても多いと思います。

 

これは、ゴルフクラブの道具としての特性に起因します。

 

クラブの先端は極端に重くなっており、ダウンスイングでクラブを強く振ろうとするほどヘッドがグリップエンドに対して遅れようとし、重心距離がある分だけフェースが開こうとするので、

 

インパクトで自分が思ったよりフェースが右に向いて当たり、右に飛ぶスライスになることが多くなります。

 

 

早く上達するためには、この右に飛ぶショットをどのように無くしていくか?

 

にかかってきます。

 

インパクトでフェースをスクエアに戻すために、左わきが締まった状態を保持したままインパクトからフォロースルーにかけて、

 

グリップエンドが体の近くを通るような振り方にできることが大切なのですが、

 

シャフト軸を反時計回りに回してフェースを左に向けようとするように対処してしまうと、右にショットが飛ばなくなるようにはできますが、

 

左右どちらにも曲がるスイングになってしまいます。

 

このあたりの切り抜け方は少し難しいので、プロや上級者の助けを受けた方が後々のためになると思います。

 

上達するのに苦労したアマチュアの方は、口を揃えて初めにレッスンを受けた方がいいと言います。

 

ということで、最初の右に行くショットが改善するまではプロのレッスンを受けることをおススメします。

 

 

⛳GSIゴルフジムでは体験レッスンの受講生を募集しています。

体験レッスンご予約はこちら

お電話でのお問い合わせは03-6315-1551

レッスン中で出られなかった場合は、折り返しいたします。