とりあえずシャンクをしないようにするには?

シャンクの応急処置のための練習法をご紹介します。

 

下の画像のように構えてボールを打つとしたら、前にあるティを打ってしまうとシャンクになります。

 

このティーに当たらない振り方を見つければシャンクを防げることになります。

 

 

ゴムティーがある練習場で練習するときに、ティは穴の中にセットして動かないようにしておいた方がいいと思います。

 

別のもので代用してもいいですが、重いものや固いものは気になり過ぎるので逆効果になります。

 

より確実にシャンクを防ぐためには、ティーを打つように構えて手前のボールを打つのも効果的です。

 

シャンクを防ぐためにトー寄りにボールをセットして打つのはシャンクを打つ打ち方を覚えてしまうので、上達の妨げになってしまいますので、できるだけ避けましょう。

 

そして、ただ打つだけでなく、どのようにスイングしたらティーを打つのか?何が原因でティーを打ってしまうのかをしっかりと分析して、有効な対処法を探ってください。

 

 

 

 

⛳GSIゴルフジムでは体験レッスンの受講生を募集しています。

体験レッスンご予約はこちら

お電話でのお問い合わせは03-6315-1551

レッスン中で出られなかった場合は、折り返します。