新ルールでは「重大な違反」が定義されたようです

ゴルフのルールブックの中には重大な違反という言葉があります。

 

今までは、ルールブック上では定義されていませんでしたが、2019年のルールブックには定義として掲載されるようなのでご紹介します。

 

重大な違反

ストロークプレーで、誤所からのプレーが正しい場所から行われるストロークと比較してプレーヤーに著しい利益を与える可能性がある場合。

重大な違反があったかどうか決めるための比較をする場合、考慮に入れる要素には次のものを含む。

・そのストロークの難易度。

・球からホールまでの距離。

・プレーの線上にある邪魔な物の影響。

・ストロークに影響を及ぼす状態。

重大な違反の概念はマッチプレーには適用しない。なぜなら、プレーヤーが誤所からプレーした場合、そのプレーヤーはそのホールの負けとなるからである。

 

この重大な違反に当たるかどうかでペナルティを受けるのか失格となるのかというようにペナルティの度合いが変わるので、ルールを深く理解しておいた方が安心です。

 

11月12日(月) 9時30分よりJGAホームページにて販売が開始されるそうなので、来年度分のルールブックだけはご購入をおすすめします。

 

 

大きい方がフルバージョンで1400円(税別)、小さい方が簡略版となるプレーヤーズ版600円(税別)と2パターンが発売されるそうです。

 
最近GSIブログでも、来年2019年のルール改訂に関する記事が多く読まれています。
ルール改訂に関する記事はこちら!
◆ミケルソンの行為に見るルールの解釈
◆来年からは誤ってボールを動かしても無罰です
◆2019ルール改正用具についての新ルール
 
 

⛳GSIゴルフジムでは体験レッスンの受講生を募集しています。

体験レッスンご予約はこちら

お電話でのお問い合わせは03-6315-1551

レッスン中で出られなかった場合は、折り返しいたします。