旗竿に関するルール、本当に理解していますか?

 
現行のルールでは、グリーン上で打ったボールが旗竿に当った場合ペナルティを受けます。


画像参照:http://golfee.jp/ryutarou/5918

 

それ以外にも他のプレーヤーが打つ際に旗竿に付き添って、打ったボールが旗竿や旗竿に付き添ったプレーヤーやその携行品に当ったら、旗竿に付き添ったプレーヤーがペナルティを受けます。

 
他にもいくつかのペナルティを受ける項目があります。
 

このルールはカップの向こう側や横に旗竿を置いて打ちその旗竿を利用してボールを止めたり、カップインさせるというプレーを禁止するためのルールでした。

 

そして現行の複雑なルールとなってきました。
 

2019年からは旗竿を挿したままグリーン上でプレーしても、旗竿に当ってもペナルティはないという形になろうとしています。

 
問題は後続組に前の組のプレー状況が判らないという問題が発生するので、これに対しての対応がどうなるでしょうか?

 

ルールとしてはとてもシンプルになります。

 
考え方としてもルールを悪用しないという紳士協定の元に成り立ちできるだけ簡素化される方向に向かっていくようです。

 
しかし、今年いっぱいは現行ルールの元のプレーとなりますので、大晦日と元日にプレーする方は切り替えが難しいかもしれません。

ご注意ください。

 

 

GSIゴルフジムでは体験レッスンの受講生を募集しています。

体験レッスンご予約はこちら

お電話でのお問い合わせは03-6315-1551

レッスン中で出られなかった場合は、折り返しいたします。

 

you tubeにレッスン動画をアップしています。     ⇒レッスン動画はこちら