救済は完全に受けきりましょう

カート道やサブグリーン等から救済を受ける場合、ドロップをした結果、カート道やサブグリーン等にボールは勿論スタンスもかかってしまう状態は救済を受けきったことになりませんのでそのままプレーしてしまうと違反になります。

もし、右打ちのプレーヤーが上の画像の左に向かってプレーをする時に画像上方向がニアレストポイントになるなら、ドロップをしてボールが芝生の上、スタンスはカート道という状態になる可能性があります。

 

それは救済を受けきったことにならないので再ドロップをしなければなりません。

 

プライベートのラウンドなら目くじらを立てるほどのことではないと思いますがコンペや競技の時にうっかり打ってしまったらペナルティになってしまうので気をつけましょう。

 

 

GSIゴルフジムでは体験レッスンの受講生を募集しています。

⇒体験レッスンはこちら