コースでのスイング練習は本末転倒?

スイング作りの際に、常に考えの中心に置いておくべきことは、意図するインパクトのためにスイングがあることです。

 

そして、手首を固めろ、脇を締めろ、足の動きを抑えろといった再現性を高めるためにすることと区別して考えることも重要です。

 

スイング作りというのはこの再現性を高めるためにすることで、

これをアレンジしてホールの状況に合わせてショットをすることが実戦で学ぶべきことです。

 

なので、ラウンドでトップの位置を気にしたり、バックスイングの方法を考えながらプレーすることはスコアメイクの弊害になってしまいます。

 

スイング作りは日常的に繰り返し行い、ラウンドでスコアメイクに集中してプレーし、スイングの問題があればラウンド中でなく家に持ち帰り改善をするというパターンが理想になります。

 

ラウンドは、日常的に繰り返し行ったスイングの動作がスイングを気にせずプレーしながら、それがどのくらいできているか試す場であると認識しておくべきです。

 

 

基礎ができたいるならこんな感じでもOK?

 

 

野球のピッチャーであれば、ブルペンで気をつけていたフォームは忘れて、状況とキャッチャーのミットに集中するようなものです。

 

あくまで理想ですが、良いスイングを1回でも多く繰り返し身につけて行くことが上達への近道なのだと思います。

 

 

⛳GSIゴルフジムでは体験レッスンの受講生を募集しています。

体験レッスンご予約はこちら

お電話でのお問い合わせは03-6315-1551

レッスン中で出られなかった場合は、折り返します。